ビオチン サプリメント

近頃流行のビオチン・サプリメントのことを解説しています。ビオチン・サプリメントを知りたい方へ、基本的なことをお届けしているHPです。

トップページ >

ビオチンとは

ビオチン サプリメント

たくさんの人がビオチンのサプリメントを摂取しているといいます。
ビオチンとはビタミンBの一種で、皮膚トラブルを改善する成分として用いられています。
水溶性のビタミンで、発見当時はビタミンHと呼ばれていました。
あとでビタミンB群の一種であることが発見されました。
ビタミンB7という名称よりもビオチンという呼び方が定着しています。
ホルモンで炎症を抑制するものを活発にするのに有効なのが、ビオチンの特徴です。
皮膚の状態を、皮膚のすぐ下にある毛細血管の血流を促すことで良くすることができます。
他にも皮膚の保湿や、健康な髪を維持するために欠かせないコラーゲンの生成にもビオチンは関わっています。
アメリカではアレルギー内科やスキンケア内科で積極的にビオチンが用いられており、美容や健康に人気の高いサプリメントです。
お肌の炎症を抑えるために使われているビオチンのサプリメントは、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬などの治療にも活用されています。
ビオチンが不足することは滅多にないので、健康な人がサプリメントでビオチンを摂取することはほとんどありません。
ビオチンのサプリメントを摂取する目的の多くは、美容やアトピーの解消だといわれています。

ビオチンサプリメントの必要性

ビオチン サプリメント

近ごろ話題になっているのがビオチンサプリメントですが、ビオチンは本当のところどの程度必要なのでしょうか。
ビオチンが体内で欠乏すると、エネルギーの代謝が滞るなど体の各所に影響がでます。
皮膚炎や結膜炎、脱毛、知覚異常などがビオチン欠乏の症状です。
ビオチンが体内で不足すると糖尿病やアトピー性皮膚炎などのリスクが高まると言われています。
ビオチンのサプリメントを、病気のリスクが高まるといっても、すぐに使用するべきではないようです。
ビオチンは腸内で作られる成分ですが、健康な人ならば必要量が腸内でつくられています。
ある程度普通に食生活や生活習慣を送っていれば、まずビオチン不足に陥ることはないでしょう。
生活習慣や食習慣が要因となってビオチンが欠乏することがよくあるので、自分自身の生活を振り返ってから、サプリメントを利用することをおすすめします。
煙草の吸いすぎやお酒の飲み過ぎはビオチン不足の原因になることがあります。
また、抗生物質を摂取したために腸内環境が一時的に変わり、ビオチンが作られにくくなる場合もあります。
大腸ではビオチンもその中でつくられていますが、日々たくさんの腸内細菌がつくられたり、死んだりしているそうです。
健康であれば、ビオチンサプリメントを頻繁に使う必要は無いかも知れません。
少しでも皮膚炎や糖尿病の症状を治すために、サプリメントでビオチンを摂りいれている人もいるそうです。

ビオチンを摂取するには

サプリメントの摂取以外に、体の中のビオチンを増やすにはどのような方法があるのでしょうか。
ビオチンは食事から摂取するほか、腸内でつくられます。
ビオチンを増やすにはビオチンを含むサプリメントや食品を摂取するか、腸の環境を整えてビオチンをつくりやすくする必要があります。
食材の中でもビオチンを含むものは、卵、レバー、豆類などだそうです。
ビオチンは水溶性ビタミンなので水に溶けやすい性質があります。
しっかりと食品の中ではたんぱく質とくっついており、水で流れ出てしまわないようです。
ビオチンだけでなく、ビタミンB群が全部入っているサプリメントを選択したほうが、サプリメントでビオチンを摂取するときにはおすすめです。
ビオチンはビタミンB7とも呼ばれており、ビタミンB群の1つです。
ビオチンだけを摂取しても、体の中に吸収されずに排出されてしまうことが多いようです。
おすすめなのは、タイムリリース加工といって、ビオチンが体内に長く存在できるようにされたサプリメントです。
サプリメントの原材料は、天然成分から作られたサプリメントと、化学合成で作られたサプリメントがあります。
体内へよく吸収できて、安心して摂り入れることのできるビオチンサプリメントが良いのであれば、天然のサプリメントを選ぶべきだといえます。

サイトメニュー



Copyright (C) 2018 人にオススメしたくなるサプリメントの効果的な摂り方 All Rights Reserved.
↑先頭へ